女性

学科と実習で学ぶ

メイクの腕を上げたいなら、メイクアップアーティストを輩出している専門学校に通いましょう。基礎からしっかり学べるため、資格も取得しやすいと言われているのでオススメです。

リップを塗る人

美容業界の登竜門

効率の良いカリキュラムが組まれていることから、メイクに関する仕事に就くために専門学校の利用が注目されています。業界によって異なるメイクの技術を得られることや、実際の就職に対する準備も行なうことができます。

マニキュアを塗る人

選択肢の豊富な地域です

京都には多数のネイルアーティストが生活拠点にしている都市なので、趣味で技術習得を受けやすい環境です。一方で、JNAの認定を受けているネイルスクールが複数あるので、学習希望者の条件に最適な選択を行いやすい都市です。

技術会得と資格取得

デコ電

就職や独立も可能に

デコとは、宝石に似せて作ったラインストーンやイミテーションパールなどを接着することで、様々なアイテムを飾ることです。スマートフォンやペンケースなど、身近なアイテムをデコで華やかな状態にする人は多くいます。また、デコを施した状態で販売されるアイテムも増えています。そして昨今では、デコの技術を通信講座で会得することが可能となっています。申し込むと、ラインストーンやピンセットといった、デコに必要となる道具が教材として自宅に届けられます。テキストやDVDもセットとなっているため、それを見ながら実際に課題作品を作ることで学んでいくのです。課題の難易度は徐々に高くなっていくので、ひとつひとつをクリアしながら着実に腕を上げていくことができます。もちろん、通信講座ですから自宅で都合にあわせて学ぶことが可能です。デコの技術は、専門のスクールに通うことでも会得できますが、通信講座なら仕事などの理由でスクール通いが難しい人でも、マイペースで会得できるのです。またデコには、デコアーティスト1〜3級の民間資格があり、これらを取得するには、技能検定試験に合格する必要があります。そして通信講座で学ぶと、その合格率を高めることが可能となるのです。そのため、デコアーティストとして就職したり独立したりすることを希望する多くの人が、通信講座を利用しています。受講費は6〜8万円ほどとなっていて、中には就職または独立できるまでしっかりとサポートするという通信講座もあります。